OH! 日記

Top

Barcelona 6 -Sagrada Familia(サグラダ・ファミリア) 2-

c0130986_76635.jpg
 今日は、サグラダ・ファミリアの内部についてお伝えしようと思います^^
 2009年11月現在では、個人入場者の入り口は、受難のファサード側(西側)になっています。
 学割適用で、一人9ユーロでした。
 建物の中に入ると、まだまだ工事中といった感じですが、大きな吹き抜けの空間に
 ステンドグラスがとてもキレイです。窓枠も凝っています^^
c0130986_77915.jpg
 そして、圧巻なのがこの柱!
 これを見て、風の谷のナウシカの"腐海の底"を思い浮かべたのは私だけじゃないはず?!
 この柱、まっすぐ建っていないし、上部は4本に分かれていて、1本になった上部は多角形ですが
 下に行くに従って最後には(見えませんが^^;)円柱になっているのです。

 これは単にデザインを考えたのではなく、重力によりチェーンを垂れ下げた時のカーブが
 自然で合理的な構造であると、ガウディが実験により編み出した構造によるものです。
 実は、戦争によって紙の図面は焼かれてしまい、いくつかの模型だけが残りましたが、
 その模型をもとに後の建築家達がガウディの考えた幾何学を何年もかけて研究し、
 その法則を見つけ、現在のこの構造に至っているんですね。
 この教会は、ガウディの考えたすばらしい芸術作品を残そうと、たくさんの優秀な研究者達が
 日々研究を重ねて作り上げているんだと思うと、それだけでも鳥肌が立ちます。
c0130986_78283.jpg
 こちらは、生誕のファサード側のステンドグラスです。
c0130986_784449.jpg
 こんな風に、まだまだ建設中〜って感じです。 ラジカセがぼろぼろ! 作業している人はどこへ?!

 エレベーターで上まで上れるので、行ってきました^^
 (エクストラで料金がかかります。2.5ユーロだったかな?)
c0130986_71054.jpg
 上からの眺め。
 お天気はよくなかったけど、山にかかったもやにも味があって、とってもキレイでした^^
 大都市でも、超高層ビルの建ち並ぶ日本やアメリカとは違い、建物の高さもある程度の
 統一感があります。
c0130986_8295048.jpg
 こうやってずっと町を見守っているのですね。
c0130986_8333215.jpg
 丸い覗き穴?!から外を見る事も♪

 っと、ずんずん細い通路を進んでいるのはいいのですが、、、
c0130986_8365872.jpg
 かっ、帰りは階段!エスカルゴみたいです。ずーっと続いています^^;
 いったい何周ぐるぐるしたか分かりませんが、運動不足の私は膝ががくがく(笑)。
 狭いし、怖かったです(汗)。
 それにしても、結構壁に落書きがあって、とっても悲しくなりました。
 こういう行為は絶対にして欲しくないですね。

 やっと地上にたどり着き、上を見ると、、、
c0130986_8373844.jpg
 こんな風になってました^^

 まだまだ興奮冷めやらぬ感じで教会の外に出ましたが、地下には展示室があったので
 そちらにも足を運びました。
c0130986_844249.jpg
 模型がたくさんおいてあります。まだまだ研究中なのですね。
c0130986_8445456.jpg
 こちらは大聖堂の柱の構造の模型。
 前方にはミラーがあって、天井部分も見えるようになっています。 なのに見えなくてスミマセン。。。
 この他も模型や先に紹介した重力によるチェーン垂れ下がりの実験模型 ああ写真がないっ などもあり、
 ガウディ亡き後実際に現場を指揮した方々や、彫刻デザイン家や建設に貢献された方々の紹介も。

 午前中いっぱいサグラダ・ファミリア見学に費やしましたが、大満足で充実した半日
 となりました^^
 サグラダ・ファミリアは、朝早めに行けばほとんど並ばず入れると思います。
 朝9時オープンで、9時ちょっと過ぎに行きましたが、並ばず入れました。
 私たちが出てきた時は、すでに長蛇の列ができていましたので、行かれる方は早めに
 行ってみてくださいね。
c0130986_845328.jpg
 この日は夕方からクルーズでしたが、またバルセロナに戻ってくるので、帰る前にもう一度拝みにくるぞ!
 っと心に決めたのでした^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
↑↑click!    ↑↑click!
今日もご訪問頂きありがとうございます。
応援クリックして頂けたらうれしいです^^
[PR]
by kimamanyc | 2009-12-11 09:13 | Travel日記