OH! 日記

Top

2009年 09月 11日 ( 1 )

父のカメラ

c0130986_10325437.jpg
 父は昔から機械が好きで、またキレイな画像やすばらしい音も好きで、
 物心ついた時から(いや、それより前からあったのだろうけど)真空管のアンプや
 とてもきれいな音の出るスピーカーがあった。
 流行らなかったけど、レーザーディスクプレーヤーもあったし、
 ファミコンは無くてもいち早くパソコンがあった。

 そんな父は、カメラも好きで、旅行に出かける時など、重い機材を立派なケースに入れて
 えっちらおっちら運んでいたのを覚えている。
 そして、幼いながら、レンズの入った筒状のケースを見て、なんでカメラ本体と別なんだろう、
 と不思議に思っていたのを思い出す。

 姉と一緒に写っている、今でも実家に飾ってある、もう少し色あせてしまった幼い頃の写真。
 その写真は、このカメラで撮ったものだった。

 色あせてしまっても、その写真は私の心の中にずっとあって、
 実際に見なくても、姉の表情や自分の目線がいまいちカメラの方を向いていないといった
 細かい部分も思い出す事ができる。

 私も、そんな写真が撮れるようになれたらいいな、と思う。
 ずっと飾ってあっても、飽きなくて、むしろ月日を重ねるほど自分の中の記憶の一部に
 なっていくような。

 2月に日本に一時帰国したとき、父が、このカメラを持って行くか?と聞いた。
 もうずっと使っていないといえども、父が愛したカメラだったから、
 ほんとにうれしかった。

 ちょっと修理が必要だったので、その時は持って帰らず、修理後送ってもらったカメラ。
 とても、とても、かっこいい。

 そして今日から始まった学校で、このカメラをいやというほど使おうと思う。
 いやなんて思わないだろうけど!

 カメラに付いていたストラップは、Nikonの文字が消えかけている。
 大事に使おうと思う。

 本当にありがとう!
c0130986_10331271.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
↑↑click!    ↑↑click!
今日もご訪問頂きありがとうございます。
応援クリックして頂けたらうれしいです^^
[PR]
by kimamanyc | 2009-09-11 11:18 | Ohioでの日記